お尻ニキビの原因と対策

ニキビという言葉は、顔に発生するものだという印象が強いですが、顔のみならず、腹や背中といった体のあらゆる部分にできる可能性があるのです。その中でも、お尻にできるニキビは特に不快なものです。

普段、椅子に座る度に痛みを伴いますので、気にしなくてはならない部分ゆえに、お尻にニキビができてしまったら対策を行う必要があります。

お尻にニキビができる原因としましては、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まってしまい、毛穴が詰まった部分でアクネ菌が繁殖するためにできてしまうのです。お尻の場合は、座っている間に体重の負荷が集中しますので、それを支えるために肌表面が分厚く硬くなっていきます。

座って体重の負荷がかかることによって、肌への刺激がより強いものとなり、肌が角質化してしまいます。それが繰り返されることによって、肌の角質の厚みが増していきます。角質の厚みが増していくということは、皮膚が毛穴を塞いでいってしまうということです。

毛穴が塞がれますと、アクネ菌が繁殖しやすくなります。また、角質が厚い上に皮脂分泌が多いお尻の場合は、ニキビができやすい環境にあると言えるでしょう。

また、むれやすく、清潔に保つことが難しい部分であることも、原因として挙げられます。

お尻にニキビができてしまったら、清潔にすることが一番です。風呂でしっかりとお尻を洗い、清潔な状態にした上で保湿クリーム等を塗ると、より効果的と言えるでしょう。

ピーチローズでお尻ニキビを完治。