ヒアルロン酸|スーパーコラーゲン|ヒアロディープパッチ【公式】

DHCが開発発表したスーパーコラーゲンについて、あれじゃ今までのコラーゲンの立場どうなるのでしょうか?
ヒアルロン酸について、真皮にある細胞が作り出す、線維芽細胞は他にも、コラーゲンなど肌成分のハリや維持にかかせない成分を作り出します。線維芽細胞は肌や身体の組織成分が損傷した際に大量のコラーゲンを作り出し、その修復修繕を助け役割をはたします。ゆえに、そのこう効果は絶大です。そのため小じわや肌の有効成分としてヒアルロン酸がおもに紹介されるのである。
皮膚や肌細胞が衰えてしまうと、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの新陳代謝がスムーズに行われなくなってしまい生成も力もお衰えてしまします。ゆえに、肌のハリや弾力が失われていきます。特にヒアルロン酸が失われると水分が減少するため、シワやたるみの原因になります。
さてこの線維芽細胞は、加齢に伴い数が減少したり働きが衰えたりすることが解っています。また紫外線やストレス、化粧品による影響などによってもその働きが低下します。
ハリのある肌を保つためには、ヒアルロン酸を生み出すこの「線維芽細胞」の数と、その働きをキープすることが求められます。
ヒアルロン酸は、皮膚において水分を保つ働きがありますが人間の皮膚は外側から順番に、「表皮・真皮・皮下組織」の3つの層に大きく分けることができます。なかでも表皮より厚みのある真皮は、多くのヒアルロン酸を含んでいます。
ヒアルロン酸は、真皮のコラーゲン・エラスチンなどの主要な構成要素の隙間に存在しており、水分を抱え込む役割を持っています。真皮のヒアルロン酸が少なくなると水分を保持できず、皮膚の表面が乾燥し肌のハリもなくなっていきます。
つまり、ヒアルロン酸は細胞と細胞の間でクッションのような役割を果たしているのです。
体内のヒアルロン酸は、年齢を重ねるごとに減っていきます。皮膚のヒアルロン酸濃度は、およそ35歳後半から下り坂になると言われています。ヒアルロン酸の量が減ると弾力と潤いが低下し、肌荒れやカサつきの原因にもなります。
ヒアルロン酸の小じわとりで絶大なる人気の商品に安心安全がモットーの上場企業「北の快適工房」ヒアロディープパッチが有名です~
「スーパーヒアルロン酸」という名称を、どこかで聞いたことがあるという人は多いでしょう。その名の通り、ヒアルロン酸と比較して、約2倍の水分保持力と保湿力のあるヒアルロン酸のことです。
正式には「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」という名前なのですが、テクスチャーは粘性が低いためさっぱりとしているにもかかわらず、通常のヒアルロン酸よりも角質内保湿力に優れているのです。
そういったことから「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれるようになりました。
では、そのスーパーヒアルロン酸の特徴と効果を見てみましょう。
スーパーヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸の持つ保湿力をさらに強化するために、化粧品メーカーによって開発された、「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」のことを、別名、「スーパーヒアルロン酸」と呼びます。DHCが開発発表したスーパーコラーゲンなどと比較されることが多いようです。