ビタミンCなどの健康食品やスキンケアなどの通販

ビタミンCが多く含まれる食品

ビタミンCを効率よくに摂取するためにはビタミンCを多く含む食品を把握しておくことが重要です。ビタミンCを多く含む食品とは、パセリやブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、レモンやいちごなどの果物などがあげられます。
ビタミンCの主な働きビタミンCには次のような働きがあります。
コラーゲンの合成に関与

コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ役割であり、骨密度を高度にします。ビタミンCはコラーゲンの構成成分であるヒドロキシリシンとヒドロキシプロリンの合成に関与する酵素の補酵素としてその働きに関わります。コラーゲンが不足すると骨がもろくなったり、出血しやすくなったり、肌のはりが失われてきたりします
抗酸化・還元作用

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれ、酸化された物質をもとに戻す還元作用が大きな特徴です。また対象物質が酸化する前に先んじて自身が参加することで、対象物質の酸化を防ぐ抗酸化作用も特徴です。ビタミンCは対象物質を還元すると自身は酸化してアルコルビン酸から酸化型のデヒドロアスコルビン酸へと変わります。

活性酸素の反応を抑える

活性酸素は体内に侵入して来たウイルスや細菌を攻撃する体の免疫反応をつかさどる物質の一つですが、過剰に働くと正常な細胞にまで攻撃をしてしまいます。ビタミンCはビタミンEやβ-カロテンなどとともに活性酸素の細胞への攻撃を抑える働きがあります。この攻撃を抑える働きでもビタミンCの還元作用が生かされます。

活性酸素により酸化されてしまった細胞はさらに次の細胞を酸化して酸化が連鎖していきます。この連鎖を抑える物質の一つがビタミンEです。ビタミンEにも還元作用があり、酸化した細胞を還元して安定化させます。ビタミンE自体は酸化しますが、比較的安定した物質なので酸化が連鎖することはありません。ビタミンCは酸化したビタミンEを還元して再びビタミンEの還元力を取り戻させる働きがあります。

しみ・そばかすを防ぐ

皮膚は表皮と真皮と層状になっていますが、この真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸からなる網目状の細胞組織にまで紫外線が侵入すると、細胞の乱れや破壊が生じ、保湿性や弾力性などが失われてしまいます。通常紫外線が侵入してこないように皮膚にはメラニン色素という成分が含まれています。シミやそばかすの原因として嫌われがちなメラニン色素ですが、このようの肌を守るために重要な役割を担っているのです。ビタミンCはこの黒色メラニンを無色の還元メラニンにするはたらきがあり、シミやそばかすを目立たなくする働きがあります。

足のニオイや小じわ予防、ダイエット効果の期待できるオリゴ糖などを通販で販売している➡ホームページはこちらから