正しい洗顔で美白の肌を手にいれる

お肌を白くしたい人は、美白化粧品の使用もいいですが、洗顔の方法を見直すことも大事です。顔の洗い方を知ることで、洗顔ケアを生かした美白をすることができるようになります。顔を洗うことで、皮膚にこびりついている汚れを取り除いていきます。

しかし、皮膚をこすりすぎたり、洗浄力の強い洗顔料を使いすぎて、皮膚に必要な成分まで除去してしまうことがあります。肌に必要なものまで洗い流してしまうと、乾燥やニキビの原因になってしまい、美白どころでは無くなってしまいます。弾力のある細かい泡をつくって顔を洗います。泡立てネットなどを活用すると簡単に泡が作れます。顔を洗う時には皮膚をこすらずに、泡を額や鼻、顎などの油脂が多い場所を中心にして広げていくようにします。目の周囲や、口もと皮膚が薄く乾燥しやすいので、泡を乗せる程度の洗い方で十分効果を発揮します。顔の隅々まで泡を塗り広げてから、ぬるま湯でしっかりすすいでください。泡が残ると皮膚へのダメージになります。すすぎ終わったら、吸水性のいいタオルを顔に押しつけるようにして、皮膚をこすらずに水分だけ吸わせます。
アメックスのゴールドとグリーンを比較
洗顔後の肌から水分が蒸発するときに角層の水分が失われ乾燥しやすくなってしまい美白が遠のいてしまいます。美白を意識してスキンケアをする場合は、洗顔をしっかり行うことです。