日本の理想体型として好まれるのはモデル並みの細さ

自分の体重が多すぎるか、ちょうどいいかを知るために、体型診断を受けたいという人がいます。体重を減らせば体が細くなって、見た目がきれいになれるだろうという考え方もありますが、きれいなプロポーションとは細くなることとイコールではありません。

くびれと膨らみのメリハリや、身長とのバランス、顔や肩などの各パーツの比率も大事です。何を基準に体型を診断すればいいのでしょう。実は体型の美しさを診断できる、明確な基準はありません。

地域やその時代の価値観によって、何をもって理想の体型にするかは異なるものです。日本の今の女性の傾向としていえるのは、細身を理想体型とすることです。

最近では、学生の平均体重が過去最低とも言われており、スリムブームは高まるばかりです。一方外国では、女性の美しさとはふくよかさが良いという基準で体型の診断がされています。

日本の理想体型として好まれるのは、モデル並みの細さです。ただ、男性が女性の体型に求めるのは、スリムなだけではなく、適度にメリハリがある体型だという調査結果もあります。

医学的には低体重で健康に問題かあるとも言われているのが、理想体型の体重です。近ごろは、一定のウエスト、身長、スリーサイズなどから割り出したバランスで、理想体型かどうかを決めるという考え方もあります。
銀座カラー 天神