葉酸を1日に摂取する量

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活の段階から妊娠初期の葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。

サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。

平均体温と基礎体温は違います。基礎体温を見ると女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。普通の体温と違って基礎体温は、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」というお約束がありますから、それに従って毎日続けるのが肝心です。

いまはアプリもあるので気軽にできますね。葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。その効果は厚生労働省が妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。ベジママ 男性

摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。とはいえ、過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。
葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。