信用を担保として融資を行う信用貸し

ローンを組む時に不動産を担保として利用するものを不動産ローンといい、正しくは不動産担保ローンと呼びます。担保がなくても借り入れが可能なローンもありますが、不動産ローンは担保に不動産が求められます。

信用を担保として融資を行う信用貸しは、クレジットカードを利用してキャッシング融資を受ける場合などに見られるものです。

ローンを利用する時に担保を使わない場合は、一度に借りることができる金額が少ない、短期のローンです。不動産ローンは、担保に不動産を入れる代わりに、利用上限額が高く、長期間の借り入れができるようになるというものです。

この違いは、金融機関など融資を行う側から考えると、納得のいくものでしょう。融資を行った相手が返済ができない状態になったとしても、金融会社としては不動産を抑えておけば大幅な損はまぬがれます。

不動産を所有しており、担保にできるという状況であれば、低金利で長期の融資が期待できる不動産ローンはありがたい存在です。不動産ローンで借りたお金は、使途が限定されていないことも魅力です。

リフォーム目的や、家を買うためのローンは、他のことにお金を使うことはできません。不動産ローンならば、何にでも使えます。

担保として利用した不動産の評価額に応じて、借入金も大口になることが不動産ローンのいいところです。
キレイモ 大宮