高校生の時の修学旅行について

高校生の時の修学旅行は北海道でした。高校1年生の時にクラス内でアンケート、挙手をとって、私のクラスでは、京都、奈良が一番人気だったのですが、私は、北海道に挙手をして、その結果かどうかわかりませんが、修学旅行は北海道になりました。当時川崎市内の県立高校では北海道への修学旅行をしたことのある実績も無く、一番の豪華修学旅行だったようです。
修学旅行は高校2年生の時、北海道と決定してからみんなで積み立てを始めて、その時にうちだけ書類に不備があり、担当教師にいがめられたことを今でも忘れません。
県立高校の修学旅行の期間は限度1週間と定まっているそうで、かつ飛行機を使用してはいけなそうで、それなので、行きも帰りも寝台特急北斗星でした。
北斗星の中にはまた!!といつも私の周りに出くわす大きなハエがいて、少々気分が悪かったのですが、乗車をしているうちにそのようなことは、すっかりと忘れてこれからの楽しい旅行ばかり頭にありました。
社内でのレストラン専用列車ここには絶対に入らないように!と指示されており、それなので、この専用列車でどのような豪華な食事が提供されていたのか、わかりませんでした。
当時青函トンネルが開通したこともあり、青函トンネル内もじろじろと眺めてきた私。普通のコンクリートのトンネルでした。
北海道内に入ると、寝台車におじさんの普通客も入ってきておしゃべりが始まって、まだパジャマを着ているのに、困ったものでしたが、
楽しい思い出です。
俺得修学旅行『登場人物や各話ネタバレまとめ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です